【Lv. 1】コテ巻きテクニック集

【このコンテンツで学べること】

・コテ巻きで使えるテクニック

【ポイント】

 各テクニックの仕上がりの違いを覚える

・コテは高音の状態で2秒以上同じ位置に当てるとタンパク変成を起こすので注意

 

ワンカール内巻き

コテを内巻きになるように挟んで毛先まで滑らせてツヤを出します。

毛先まで滑らせたらワンカールになるように内巻きに回転します。

髪は熱して冷めるタイミングで形が固定されるので、コテを外す瞬間に手で内巻きの形を作りましょう。

内巻きの完成です。

 

フォワード巻き

カールが欲しい位置から巻き込んでいきます。

その後毛先までコテを滑らせて同じ位置まで巻き込みます。

コテを縦に抜くことで、綺麗なカールをキープできます。

フォワード巻きの完成です。

 

リバース巻き

 

髪がリバース方向に巻かれるようにコテで挟みます

巻き込んだらカールを崩さないようにコテを縦に抜きます。

リバース巻きの完成です。

 

波巻き

内巻きか外ハネどちらかで毛先をまず巻きます。今回は外ハネで巻き始めます。

毛先の上部分を逆方向に巻いていきます。巻くというよりは、挟んで形をつけるイメージです。

指で髪をコテに沿わせて熱を当てることで波状の形を作ります。

 

更にその上の部分を逆方向に巻いていきます。

 

スパイラル巻き

通常のフォワード、リバース巻きと同様にカールの欲しい位置から巻き込みます

毛先まで巻き込みます

挟んだ髪を離さずにそのままコテを縦に抜きます

そうすると髪がスパイラル状に捻られるのでその状態でもう一度巻き込んでいきます。

 

外ハネ巻き

外ハネになるようにコテで挟みます

コテを毛先まで滑らせてそのまま抜きます。

外ハネ巻きの完成です。

【ポイントの復習】 

 各テクニックの仕上がりの違いを覚える

・コテは高音の状態で2秒以上同じ位置に当てるとタンパク変成を起こすので注意

お問い合わせ

フリーランス美容師、シェアサロン、集客、スキルアップについての疑問やお悩みをなんでもご相談ください。

24時間以内にご登録のメールアドレスにご返信いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都内有名サロンに7年間在籍した後フリーランスとして独立。原宿と群馬の2拠点で美容師、集客サポート、技術講師をしながら当ブログ「LET'S FREELANCE BEAUTICIAN」,美容師のためのオンライン教育サービス「ゼロから学べる美容師アカデミア」を運営中。 美容師としてのスキル、それを必要とするお客様に届けるマーケティング、フリーランスとして自身が経験して来た事を活かしたライフハック方法を発信中。